日常

【2022年8月】新型コロナウイルスに罹った話

今の今まで運よくかからなかったものの、ついに今年の夏感染。

airu

TVや周りでは熱も出ないで無症状~
なんて話も聞いていましたが、そんなもんじゃなかった!

オミクロン株が急増し、テレビでまだ幼い子供や10代~30代の若い世代の方が「コロナウイルスに感染して亡くなってしまった」というニュースを見ていたので、症状が出ている間はとにかく不安しかありませんでした。

感染の経緯


2番目の子供が最初疑い(抗原検査は陰性)子供の発症日から6日後に発熱。私が発熱した3日後夫が発熱。
1番目の子供が感染しなかったのが唯一の救いでした。

私の基本スペックとして

  1. 極度のアルコール除菌を好む(スーパーなどで購入したものも大体消毒)
  2. マスクは立体3Dダイアモンド型(ゆるいのはつけない)
  3. お茶うがいを好む

結構潔癖の部類に属すると思います。

ワクチンスペック

市から案内は来ていたものの、打っているのは夫のみ。

  • 夫→2回接種済み
  • 妻→無ワクチン
  • 第一子→無ワクチン(接種可能な年齢ではあります)
  • 第二子→無ワクチン(こちらも接種可能な年齢)

ちなみに夫は初回は丸1日発熱。二回目は倦怠感などのだるさを訴えていました。

二人の子供に関しては、本人たちの意思として「不安が有るので打ちたくない」とのことでその意見を尊重(注射が嫌だったのかもしれませんが)
私としても数年後、十年後に何かあるのは嫌なので不安で打たせずにいました。

私個人として、子宮系に不安が有ったのでワクチンを様子見…世間様が4回目‼といい始めた時にそろそろ初回を打とうかな?と考えて悩んでいた時期でもあります。

一番なっちゃいけない時期に感染

airu

今年の夏。しかもお盆に感染。

子供の預かり先の関係で、コロナ陽性者が出たと連絡を受け「濃厚接触者には当たらない」とのことでしたが、多分そこから。
そこから2日もせず子供に感染しました。

子供の感染疑惑

曜日の関係で発熱から1日経過で抗原検査を受けたけれど陰性。抗原検査がうまくいかず鼻血が出た子供…熱も有るのに見ていてツライ…

発熱当日は寝ている間「うーん、うーん」とずっと何かを喋って(うなって)いて、なんか不安だな…と思った矢先の発熱。
その時に不審に思い測ったら37.8℃「まさか…?💦」なんて思っていたら、あれよあれよと1日のうちに39.8℃まで急上昇😨

前日の夜、強烈に目をかゆがっていたのと乳歯が抜けたので、どっちかでばい菌でも入っちゃったのかな?なんて思ってはいたのですが…

この時期の感染者数が普段の感染者数の4・5倍も有り、預かり先の先生が陽性という話を聞いて、すぐに「コロナかも?」と頭をよぎりました。

なんとか水分やトイレには行けているものの、ずっと寝たままで解熱剤も効かず・脈拍や呼吸は早く、寝る間を惜しんで看病をしないと不安な状況でした。強烈な寒気から来るのか体は鳥肌がスゴイ…
目を閉じているあいだ何度も体が「ビクッ」となるし、高学年近くになる子供が熱性けいれんを起こしたときは若干パニックを起こしかけました。(水分は3、4時間おきに1口がやっと、トイレは5~7時間おきに1回)

呼吸もかなり早く、虫に刺されたわけじゃないのに顔や体に水膨れのような症状が見られたことから「これはやっぱりおかしい…」と思いコロナウイルスの相談窓口に電話するもつながらない。

つながったところで「呼吸が速い?何度でしたっけ?あー熱が高いからですよねー」「かかりつけがない場合は、発熱外来も数百キロ先の病院しかないんですよねー」
との回答。

医療崩壊状態で、こんな状態ですぐに病院にもかかれない、お医者さんに診てもらえないのは本当にしんどかったです。

発熱から解熱まで

発熱した日を0日目としたら完全な解熱までは丸4日かかりました。解熱後もしばらくは横になる時間が多く、少し動けるようになっても横になったり、寝たりを繰り返して回復していきました。
トイレもフラフラとしていたのである程度の年齢とはいえ階段上り下りはさせないように1階で寝食をさせるように。

気になった水膨れ

数時間で消えてゆき、皮膚は何もなかったのようになりました。解熱や発熱のたびに同じような場所に再度水膨れが出たり消えたり。最終的に気になるような水膨れは残りませんでした。

airu

お盆で検査も受診もパンクしていたので、子供の再検査はしませんでした。

受診も電話で医師との会話で薬を処方するので、けいれん発作も詳しい検査などはよほど重症でないとできないのかもしれないと感じました。
電話相談では子供の「水膨れは必ず受診してください」といわれましたが、そのような受診方法に慣れておらず伝えられず。
検査は朝の時点でパンク・受け付け開始から数十分で予約終了。受診体制も上記方法なので、発熱・頭痛以外の症状が出ている場合には不安しか残らない内容でした。

airu

熱も順調に下がり、療養期間中も無事開けてほっとしました。

家庭内感染

子供の感染から少し間が空きましたが、寝ずに看病してたこともあり、ちょっと体調不良かな?喉に違和感があるな…なんて思いながら過ごしていました。

airu

強烈に目がかゆいな…あれ、手のひらめっちゃ皮むけてる…今度は…アレ?恐


手の甲を見てみると、子供の症状に似た水膨れが私の手にも現れ始めました。それからなんとなくの倦怠感から始まり・足の裏の感覚が変な感じに…見えない靴下をはいているような感覚に陥りました。しびれているような、ほてっているような…昔「むずむず足症候群」になった時に似ていました。

信じられないほどの悪寒

体調不良の自覚から数時間後、急激な寒気を感じ始めました。

airu

ああこれは…と、感染を覚悟した瞬間でした。

室内の気温は37度近くありましたが、それでも寒気がすごく何枚もの布団にくるまってずっと寒気に耐えていました。しばらくたって熱中症なのか、熱なのかもう訳が分からない状況に。

とにかく具合が悪く、熱を測ってみたら39.0℃!

打撲したような関節痛・そのほかの痛み

関節が熱を持ち、痛みが強く、とにかく熱を持っている部分全部痛い。
なぜか尿道も痛い(膀胱炎?)頭や首に近い関節はナイフで刺されているような鋭利な痛みで、泣きたいわけじゃないのに涙が自然と流れるくらい痛い。

横になっていないとつらいので横になるけど骨が痛い。もちろん腰も痛い。
妊娠中のように抱き枕やぬいぐるみなど何かを握っていないと横になっているのも苦痛でした。
熱もずっと高いので冷えピタや氷枕はすぐにぬるくなり不快に。悪寒の時とは打って変わって、私は常に氷水を頭にかぶりたい衝動に…

食欲の減退から回復まで

なんとかOS-1やグリーンダカラ・OS-1のゼリーを飲んだりは頑張っているものの、食欲が戻るのは6日後くらいからでした。(一瞬だけめっちゃガリガリに)
家族がコップに飲み物を次いでくれても、具合が悪すぎて気合でもなかなか飲み切れず。
食べれるもの…といってもも思い浮かばず、テレビを見れるくらいの体力になった時、お腹はとってもすいているはずなのに、テレビに映る料理がいつものように美味しそうに見えません。

発熱から数日後、ついにお腹はグーグーなり始める。

airu

やっと食欲湧いてきたかも…?

沸き起こる食欲に、ほんのりとした体調の回復を感じました。

ピンポイントでガリガリ君を欲する体。



ガリガリ君以外はなぜか受け付けられない体になってしまい、療養期間中に食べたガリガリ君の数は計8本。
箱でも購入。
のどにひんやりした感覚があるのが良いのかもしれない。あとなんだろう、すっきりソーダ感最高!

療養開けてからも体がだるく、食欲が湧かないときはガリガリ君を買いにコンビニやスーパーに何度か買いに行くほど。

もちろん味はソーダ味一択。

救世主だったガリガリ君

赤城 ガリガリ君メロンソーダー63ml×7本7箱入

価格:2,646円
(2022/9/23 10:51時点)
感想(0件)

普段はソーダ味よりもメロンソーダ味に夢中なのに、なぜなんだろう…なぜなのかしら。

airu

赤城乳業さんありがとうございました!涙

発熱から2日目・異変発生

呼吸がしにくく、苦しいなぁ…手のしびれがずっと気になってはいたものの、しびれてるなーと自覚してからの急な両手、両足の攣りが始まりました。急に丸まっていく指先。
足の攣りが全身に行ってしまったらこの状態ではきついので、どうにかして旦那に手足の突っ張りを治してもらいました。

焦るしパニック発作に近い感じでした。
少しでも意識していないと四肢が攣るので、常に攣らせないように手のひらを握りしめ足を引っかけるように寝ていました。

少し熱の下がり始めを意識…と、同時に足に黒い発疹のようなかさぶたが出来ているのを発見しました(もうイヤ😫)

途中かゆみやいずさを感じたものの、10日間くらいでつつくときれいにはがれたので皮膚科も受診せず(保健所の方からは受診を進められましたが汗)取れたものは黒いゴマのようなものでした。

のどの痛みはなかった

オミクロン株では強烈な喉の痛みと聞いていましたが、のどの痛みは全くなく、それ以外の症状は追加で下記の通り。
【発熱中~】強烈な耳の中のかゆみ・様々な耳鳴り・腹痛
【解熱中~】息苦しさ・強烈な痰がらみの咳(出始めたら窒息レベル)下痢・ふわふわ感・めまい・鼻からのどにかけての違和感。あとなんか顔の皮膚が変な感じ(鼻に激痛の面疔+ごわつき?)大泉門が腫れている感じ(夫に頭伸びた?って言われた…)
痰がらみの咳は一週間以上。肺の近くが痛くなる。痰・鼻水も血交じりに(こういった場合は病院へ行かなきゃいけないけれど、療養中はどうしようもできないので我慢するしかなかった。)

airu

ここからいったん症状は落ち着いていったものの、ほどなく後遺症を発症

【味覚障害】味覚の変化は7日目くらいにコーヒーを飲んだ時に「あれ、ニオイはコーヒーなんだけどな?お湯を飲んでるのかな?」っていうのが一回だけ。

【嗅覚障害】嗅覚が完全に消えたのは1、2日くらいあった。のちに臭いものの臭いがほんのり分からなくなる。よーく嗅いだらわかる。
ごみの臭いやスパイシーな香りがわからない。自分のおじさんくささや雨降る前の臭いとかもわからなくなちゃった。

【聴覚障害】ボー・キーンなどの耳鳴り多発で会話が聞こえにくい。普段から耳が遠いのに死活問題に。

【口臭がヤバい】鼻と喉に炎症が起きていたので絶対臭かったはず…でも自分の鼻が逝ってしまわれたためわかりにくい。ほのかに臭いから絶
対臭かったはず。ケアするしか方法がなかった…

そのあとは鼻のどの不快感。療養後2週間くらいたっても鼻とのどの間に痰がへばりついているような感覚・あとは微熱。
微熱が出るとコロナに感染した時の体調不良が小出しに循環しだす…(頭痛・関節痛・吐き気・悪寒・足のだるさ・食欲減退・腹痛・下痢が一日ごとに変わっていきます。)

ワクチンを打っていた夫の症状

お前らがマスクしなかったせいで!!泣

otto
airu

マスクできないほど苦しかったんだよ…ごめんよ。

それでも結構隔離していたはず。
寝ている部屋も別々だったし。

私が解熱の兆候を見せてから夫が発症。発熱1日前の看病中に体の異変を感じこれは多分罹った…と思ったそう。
夫は下手すると水分もトイレも半日取れないときも有ったので、頻繁に隔離している部屋に様子を見に行くことに。
熱は38.6℃出ていたため、氷枕を持って行ったけれど「熱いのか寒いのかよくわからない…」と結果拒否られる。

airu

体が完全回復しないうちに夫の看病開始。

足がすごく攣るので頻繁に部屋にも行けず、行くたびに息切れしながら「ハアハア、水分とった?」「ハアハア、トイレ行った?」しか聞けず、聞いた後は満身創痍で床に突っ伏し横になることしかできません。笑

夫も似たような症状で3日寝込んで解熱の兆候が見られました。このタイミングでやっぱり症状も重いし、検査に行こうと抗原検査の予約を何とかとりつけ、(子供は再度の鼻の検査を嫌がったのでやむを得ず検査はしない事に)私と夫で抗原検査をすることに。

airu

鼻に綿棒突っ込まれるのキライすぎて夫に先に行ってもらうことに汗

俺も抗原検査は嫌だった…

otto
airu

私は鼻の神経が逝ってしまってたからか、珍しく抗原検査は何も不快に思わずでした。

結果二人とも陽性ということだったので、多分子供からの感染、子供も陽性(だろう)という結果になりました。

後遺症は、咳くらい。現在はまれに出るくらい。

otto

夫は今のところ微熱などは出ておらず、稀に出る咳くらいまで回復。これがワクチン接種の差なのか?

airu

いまだに微熱で症状が循環している私…ワクチンを打っておけば違ったのかな?

唯一かからなかった上の子

唯一できた感染対策は部屋の隔離・お風呂場トイレなどの共有スペース利用は時間を空けて使ってもらうこと。でした。

二人とも調子が悪くなったので、感染していない子供への毎食の用意が大変でした。
感染を広げないことと、感染させないこと。
鼻水や痰がすごいため、手は毎度洗って消毒してからを基本にしていたので用意に手間がかかりすぎるし、神経も削れていく。

後半チンできるご飯が登場したので大活躍!味や栄養が偏ってしまうのが申し訳ないけれど、自分で準備して部屋で食べてくれたので、体調が辛いときはとても助かりました。
自分で何かを作ろうと一生懸命してくれて、こんな時ですが成長を実感。

airu

万が一かかってしまった時に、有ると便利なものは日ごろから少し備蓄しておくといいかもしれません。

感染拡大のため保健所の支給物資も療養終わりに来るくらいだったので、身寄りがないと食料の確保が難しかったです。
そんな時に助かったのはイトーヨーカドーのネットスーパーさん。(少し高かったけれど)
私の地域だけかもしれませんが、非対面受け取りを希望時に荷物の下に大きいごみ袋を敷いてくれてて…ゴミ袋は大量に出たティッシュのごみを捨てるのに使えるので地味にうれしいサービスでした。

今現在は療養中の買い物も限定的ではありますが、できるようになったのでずいぶん緩和されてましたね!

続く後遺症

発症から現在に至る経緯をこまごまと書かせていただきましたが、私に至っては現在も微熱とそのほかの不調が続いています(あと地味に脱毛も涙)
後遺症に関しての情報もまとめていきますので、後遺症に悩んでる皆様と悩みを共有できたらばと思い書かせていただきました。良ければ後遺症の記録も読んでいただければ幸いです。

airu

療養中にあって便利だったものも今後まとめる予定です!

長々とここまで読んでくださりありがとうございました!

-日常
-