駄文 日常

【書籍】アラフォーの私が【Z世代】にグッと来たというお話

2019-12-01

なぜかこの表紙にグッと惹かれて、立ち読みしたら余計グッと来た私

著者 ひかりんちょさん 16歳(若い)
SNS総フォロワー数100万人←スゴイ

若いがゆえの若いが故だけの本なのかな、なんて思っていたら
充分に存分にちゃんとしていたなぁ

私は自分の人生が好きだから勝ち組です

こんなことを言えるJKいるのかって(いるんだね)
芯が有るよね

ひかりんちょさんのお母さんもなかなかすごい
お母さんの育て方も良い意味で放任していて、ちゃんと子供の尊厳を尊重しているようにも見えた
(実際は編集などもあるのかもしれないけれど)
これからの時代これくらいの分かりやすい書き方で育て方とか書いていった方がいいんじゃないかと思ったくらい(そういうのは若いyoutuberやブロガーが今後造っていくのかな?)

ひかりんちょのおすすめポイント(ページ)抜粋

みんなに好かれる必要なんてない(帯)


「だれかのせい」がひとつもない人生って最高じゃね?(#人生 P50-51)


人を信用しちゃいけないってだれが決めた?(#人間関係 P56-57)


P80-18のお友達とのプリクラコーナーは正直どっちがひかりんちょかわかりません


うちは全世代の人に知られる人になりたい。「なりたい自分」になるために何をすべきかとことん考える(#SNS P186-187)

https://www.kadokawa.co.jp/product/321907000336/  
「ありのままの私を受け入れずに批判する奴には、心の中で中指立てればいい」より

小さい文字に見慣れない私だけど、この本は文字大きくて見やすい、全部刺さるから余計に

生き方に悩む10代に捧げる1冊なんて書いてあるけどアラフォーでも刺さったという結論
良かったら同じような年頃を持つお子さんにも良いかもしれない


忘れかけてたナニカを思い出せせてくれる1冊でした

  • この記事を書いた人

あいるー

兼業主婦/アラフォー/ 2児母/ネガティ部/元鬱・HSP・抜毛症 個性的なのか、目立たないのか、変なのか、病気なのかわからない。 見た目にはわからないかもだけど、お話しするとかなり独特です。

-駄文 日常
-