嫌いな事

スポンサーリンク

私の一番嫌いな事

 

幼少期は

沢山の人の顔・大きな音・強い匂い(コーヒーが飲めるようになったのは30代前半)・視線・雷

 

大人になってからは

・視線・人ごみ・せまい場所・よくしゃべる人・一方的にしゃべる人・いろいろ無神経な人(多分自分を見ているような気がするんだと思います)・口を押えずくしゃみをする人(自己防衛力が過ぎる)・初対面でいいイメージのない人(これも自己防衛力が過ぎるのかと…)・周囲のいざこざ(巻き込まれやすい性質である)強い風・大きな音・光・時間の調節・(体調不良になる)

・それから空っぽの自分

それから大好きだったはずの親が大嫌いになりました

 

 

大嫌いだけど

それでも成人するまで面倒見てくれて感謝は忘れていません

それまでは親の事大好きなはずだったんですけどね(そう思い込むようにしていた)

 

 

一時期から親との連絡はほぼしなくなりました

時たまメールが来ることもありますが

もう返事しなくてもいいや!くらいです

いまはやっと遅くて長い反抗期が終わったかな?と思ってます

ただ自分の本質はなかなか変えることが難しいので

多分親に会っても挙動はひかえめなままの私なんですよね

 

 

本質は変えるのがむずかしくても思考は変えられるので

  • まずは親を信じることをやめた
  • 親に期待することをやめた
  • 親に干渉されることをやめた

 

 

そして親を嫌いという感情を持つことを許すようになった

そこにしかすがれなかった私とはさよならします

 

 

大人になってから生きづらさを感じる人は

コチラのアダルトチルドレンの自己診断を見てみてください

もちろん私と似たように悩んでいる方も、ぜひぜひ合わせて見てほしいです

 

ちなみにその負の連鎖を断ち切りましょう!と他人から言われて約10年

そんなこと頭では分かっていても

なかなか素直に「ハイそうですね!」なんてできなかった私(゚Д゚;)

素直じゃないわー

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました