2022年10月~【あなたは大丈夫?】社会保険の適用拡大

2022年10月から社会保険の適用拡大が始まります。

2016年からスタートしているこの社会保険の適用拡大。
2022年の10月には従業員規模が100人を超える企業が対象になります。
さらに2年後の2024年には従業員の規模数が50人以上の規模で加入対象となります。

airu

扶養内で働くパートさんは要注意です😥

扶養内で働く主婦の皆さま、2022年10月から「パート・アルバイトの社会保険適用範囲」が拡大されることはご存じですか?
会社から対象のお知らせを受けて、加入の検討をしてみたり・年間のコストを調べた方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

特に今まで130万円以内で年収を調整していた方はチェックです。

対象になるのはこんな人!

  • 賃金月額が8.8万円以上(年収106万円以上)であること
    ※賞与・残業代・通勤手当は含まない
  • 週の所定労働時間が20時間以上あること
  • 雇用期間が2か月超見込まれること
  • 学生でないこと
    ※夜間学生・休学は加入対象
  • 企業全体の従業員規模が500人→100人を超える企業であること
airu

条件を満たした場合、加入しないという選択は残念ながらできません。

条件を満たした場合は強制加入ですか?!

otto
airu

はい、強制加入です※

※ダブルワークで130万円以内に調整している場合を除く※

こちらもどうぞ✨
メリットはあるものの、加入すれば毎月1万以上の出費となる

ここでいう社会保険加入とは厚生年金と健康保険のこと。
もしも対象になる場合は勤務時間や働き方など見直しをし、勤務先と相談しておいたほうが良いでしょう。

社会保険加入のデメリット・メリット

airu

うっかりしていると年間約15万円も働き損に?!

加入のデメリット

  • 年間の手取りが減る
  • ある程度の金額を稼がないと負担が増える
  • 配偶者の会社によっては配偶者手当が受けられなくなる可能性もある

子供が小さいうち、働く時間に限りがある方にとっては致命的…
そういった場合は勤務時間の調整が必要になってきます。

airu

私のような、夫婦共働きで年収ギリギリでしか働く時間が捻出できない人にとっては
全くうまみを感じられません!涙

最初から沢山バリバリ働きたい!って方にとっては良い制度なんだけどね

otto

加入のメリット

  • 社会保障が受けられる
    ※出産一時金・失業手当金
  • 年金の受給額が増える
  • 加入した場合でも年収201万円までは配偶者特別控除が使える
airu

社会保険の疾病手当は国民健康保険には無い制度なので、万が一の時に助かる制度だね。

自宅で兼業(ネット副業+月8万程度のパートやアルバイト)で生計を立てている人にとっては、保険料を会社と折半することが出来るので加入したほうがお得なことも…

見方によっては加入のハードルが下がって、保障が増えるんだね!

otto
airu

老後の年金のことを考えると、フリーランスで兼業ならこの制度を使わない手は無いですね。

メリット・デメリットを考慮して【後悔しない働き方】を選ぶ

airu

できればお金のことは考えたくない…
でも物価も高くなるし、一体どうしたらいいの?

コロナ・世界情勢の不安もあり、物価高で家計を圧迫しているなか年間約15万円の支出は大きいですよね。保証を受けるのにメリットはありますが、15万円の補填をするのにどれだけ働けば働き損にならないのかしっかりと計算し、調整をすることが必要となってきます。

また、物価高で家計を圧迫している場合には

この働き方ならOK

ダブルワークで年収130万円以内に抑え(片方を月8万程度)社会保険の加入をしないという選択もできますし、パートを月8万円程度に抑えネットの副業などで収入の柱を確保するという方法もあります。

当サイトでは以下リンクにて【安心・安全に】主婦の収入の柱を増やす方法を公開しておりますので、良ければ参考にしてみてください。

安全に月5千円を目指す!
安全に月1万円を目指す!
airu

体や精神に負担はかけすぎず、自分に合った働き方を見つけていきましょう!