原因不明の腹痛との戦い バークフクツーゥ お薬公開

スポンサーリンク
二次障害

自分でも思いますが、抜毛症だったり、皮膚症状だったり、神経痛だったりと

結構神経病んでるな自分

って

 

もうついでだから

全部今までにかかった症状ブログに書いていこうと思ったわけですよ。

 

 

んで克服できたものも有ればそうでないものも有る

 

そんな中でも一つ現在も苦しんでいる症状が

原因不明の腹痛

 

別名:月イチ爆腹痛

(読:ツキイチバクフクツウ)

 

 

ちょっと言ってることが分からないと思いますが

多分別名

糞詰まりなんだと思います

読:フンヅマリ

 

 

特にホルモンバランスの崩れる生理前後だったりが多い

 

 

これがまたツライ

 

元々それで悩んではいたものの、昔はまだ回数が少なかった(年2,3回位)のですが

6,7年たって下痢だけじゃなくて嘔吐の症状が出ちゃったのでちょっと病院行こう!って思って

最初は胃腸内科へ受診…

 

先生がすごい深刻な面持ちで私に話しかけてくれたのを今でも忘れない…

 

「難病の疑いがあります」

 

エッ!!(めっちゃ焦る)( Д)

 

「大きい病院を受診してください」

 

と手渡された紹介状を持ち

 

震える手で夫に連絡した

 

「難病の可能性ありだって…○○っていう病名で…」

 

「丸一日検査だから子供たちを頼みます」

夫(モンストおじさん)
モンストおじさん

「了解した。」

 

 

まさか難病とは思いもよらず

(ノロとかのたぐいだと思ってたり)

 

 

大きい病院を予約して大腸検査をした

 

 

まさかの異常なし

 

先生は難病で無ければアレかもみたいなさ

症状もさすがにググるからさ

 

 

うん

でも大腸検査ではクリーンだったけど

原因不明であんな嘔吐したり激痛を引き起こす病気って何?と

 

逆に引き起こる不安

 

 

検査結果は軽度の便秘と言う事でアミティーザと酸化マグネシウム

を頂いた

 

 

けどね

 

けどね

 

やっぱ詰まってくると出ないのよ

 

 

 

んで薬一生懸命飲んでても

激痛とともに大量の下痢と嘔吐

そのあと本当に最悪なのが悪寒で、体震えて死の予感がした

ストーブで温まっても体はキンキンに冷えて顎ガチガチ鳴らしてる自分…

夜中になっても寒気と腹痛で寝れずその次の日まで地獄

 

しかも大体お腹が痛くなる時間が決まって夜の8時(大体月一回)

 

 

んで次は下剤が効かないのもホルモンバランスなのかな?と思い

婦人科へ

 

 

「ピル飲むと良いよ。楽になるって」

と軽く言われてしまったが、自分的にすごく抵抗があって(;゚Д゚)

(2人目出産後黄体ホルモン不全とやらでピルは少しの期間飲んでいた時期は有るけども)

他の選択をさせてもらった

 

 

それが漢方

カンポー( Д)

 

 

その名も加味逍遥散

これはすごい効きめだ!(ばつぐんだ!)

なんか体の調子がすこぶる良い

とにかく元気ハツラツ

 

 

効・く・ん・だ・け・ど・も

ちょっと飲み忘れたりすると大変

(朝食前に飲むものですが、まず早起き出来ない・朝食事取らない人)

 

ヤク切れかってくらいぐったりしてしまう

元気ない…うっとうしい感じ

 

 

このころから頻繁にめまいだったり体の衰えを感じてくるように…

 

 

薬を飲んでる間はやたらとハイになって

目まぐるしく動きまくる自分

 

後から思い出すとコワイ

 

あとその腹痛に効いたかは定かじゃない。

 

 

あまりにも浮き沈み激しい自分に疲れて

バクフクツウは治らないし、むしろ回数増えるしで

その病院に行くのも薬をもらうのも辞めた

 

 

こうなったら他の方法を試すしかない!と心に誓った

 

やはりそこそこ体が良いコンディションになるのはストレッチ

足のむくみに効きます

血の巡りが良くなるのでストレッチポールに乗るのもかなり調子は整った

 

 

ただねやっぱ腹痛は相変わらずひどいし続いている。

 

 

と、そんな中ブラック企業で働いた時10キロくらい急激に痩せたんだけど

 

 

その時の腹痛は軽めだったし

なんせ嘔吐が減った

 

 

なるほど!生理前のドカ食いが無くなれば、きっともう少し軽減できるはず!と

生理前のドカ食いを減らした

 

具体的には

夜ご飯を食べない(食べても炭水化物以外)

というシンプル極まりないもの

 

 

それでも糞詰まりになることは有るので

定期的に浣腸

(自己判断でやるのはダメでしょうけどね)

 

でここまでやって

やっと見えたきたのです

 

次号へ続く…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました